高倍率の顕微鏡を利用した実験を開始 | 日本寿司リーディングアカデミー

NEWS

新着情報

高倍率の顕微鏡を利用した実験を開始

重房氏の制作した包丁の刃先を高倍率のレンズを使って見てみました。

最大5000倍までズームが可能となっており、ミクロの世界を覗くことができます。

この投稿をInstagramで見る

日本寿司リーディングアカデミー(@japan.sushi.school)がシェアした投稿